メインコンテンツに移動
  • Vani is Multipurpose Drupal theme

    Vani Theme is packed full of all the amazing features and options for you to create

    Get Started
  • Welcome To Drupar Design Studio

    We present you material design. We put our hearts and soul into making every project.

    Get Started
  • We Create Awesome Drupal Themes!

    Our themes are of high quality, flexible and beautifully crafted that stand out of crowd.

    Get Started
slider image

gsutilツールの動作を確認します

GCPのストレージなどに使うGSUTILを使用し一部のコマンドを確認します。 DOSなど過去のOSを使用した経験があると、とっつきやすいかもです。 今回はストレージのファイルとフォルダを一括ダウンロードします。
というのもストレージに一括ダウンロードのボタンが無かった。

GCPで構築したワードプレスのデータベースにアクセスできるように設定します。

GCPのマーケットプレイスにワードプレスの種類がいくつかありますが今回はWordPress with NGINX and SSL Certified by Bitnamiで構築したワードプレスのデータベースにアクセスする方法を紹介します。
エディタ等でconfigを書き換える方法もあると思いますが、ここでは便利なソフトを使ってアクセスしようと考えます。
コマンド打つのも面倒なんで。
PuTTYといってSSH、TELNETに対応したwindows用のクライアントです。
これを使えば普通ではアクセスできない設定してあるphpmyadminを使用できるようになります。
このソフトは検索すれば容易にわかると思います。
それではやってみましょう。
ダウンロードして解凍した状態が下記になります。

amazon aws上にあるMicrosoft windows7を10にアップグレードします。

こんにちは。
つい先日Windows7のサポートの期限が終了しました。
そこでWindows7を10にアップグレードしますが、クラウド上の作業とします。
Windows7がAWSの仮想マシンにて運用していたものをこの機にWindows10にしてみたいと思います。

amazon aws上にwindows10を構築(移行)します。

オンプレミスの環境をクラウド化する動きが活発になっているような気がします。
本日はそんな環境に対応した記事を書こうと思います。
GCP、AZUREでの作業も今後は記載したいと考えております。
それでは作業開始しましょう。
AWSのトップに「ASWへの移行を開始する」とありますのでそこから始まります。

これをクリックすると現時点では別サイトに飛びます。
アマゾンが買収したCloudENJUREというサイトです。
このサイトにてサインアップを行い登録を済ませます。

IISでWordPressができる環境をつくる。(Azure上の仮想マシンのWindows2019Server)

IISは各項目のチェック(レ点)がデフォルトのままの状態でインストールしました。
本来チェックすべきところは後の記事で記載しますが自動でやってやってくれます。
念のため管理ツールにある「セキュリティが強化された・・・」を確認もしましたが、IISをインストールしたときにポート開放がされてました。
HTTP(80)やHTTPS(443)が受信許可状態となっていました。

ただし、Azureのネットワークでは開放されていないので、今回はHTTPポートだけ開放しておきました。
他のポートは状況に応じて設定していきます。

Microsoft Azureの一部の機能、仮想マシンを利用してWindows10をインストールする。

今回の記事は仮想マシンの機能を利用してWindows10Proをインストールします。
仮想マシンは自分のパソコン上ではなくAzure上に構築します。
仮想マシンの構築の目的は色々あって、私自身は自分のパソコンと同じ環境を作っておいてどこからでも利用したいというものがあります。
それでは見ていきましょう。
AZUREにおいて、VirtualMachines→追加を選択します。
サブスクリプション:無料試用版(この記事作成時点で200ドルのクレジットを頂いている)
リソースグループ:新規作成にてわかりやすい名前を付ける
仮想マシン名:win10
地域:西日本
イメージ:Windows10 Pro
としてみました。

GCP(Google Cloud Platform)上に構築したWindows Server 2019にVPNサーバーの設定を行います。

GCP上にWindowsServerを導入したのですが、FTPなどファイルのやり取りを設定しておらず不便なので、VPNサーバーを立てファイルやフォルダの共有ができるようにしたいと考えます。
この設定をしてしまえば、遠方に存在するGCP上のサーバーをあたかも自分のネットワークに参加させ近くにあると見せることが可能となります。
サーバーマネージャからリモートアクセスの追加にて行うこともできますが、今回はSoftEther VPNのPacketiX VPN 4.0を使用させていただくことにしました。
それではやっていきましょう。

GCP(Google Cloud Platform)の活用 Windows Server 2019をインストールする

本日はGCP上にWindowsServerを立てようと思います。
私事ですが自宅のサーバーがWindowsServer2008R2で、古くなりましたので今回は2019に決めました。
使い勝手が良ければ自宅サーバーはやめにして、このプランを継続しようと考えてます。
それではやってみましょう。
VMインスタンスにて作成をクリックします。

マシンタイプまではデフォルトのまま進みました。
ちなみにマシンタイプのデフォルトは1vCPU、3.75GBメモリでした。
OSはWindows Server 2019 Datacenterを選びました。

GCP(Google Cloud Platform)を利用してWordPressを導入する 第四回

前回の続きとなります。
GCP上にワードプレスを構築したので、他から引っ越しを行います。
これに関しては色々なブログに記載がありますので省略いたします。
ここではGCP上のワードプレスに画像などを挿入するとそれがどこに保存されるかを確認し、変更する方法を解説したいと思います。
通常通りGCPで作成しても下記の場所に保存されました。
ドメインの直下に作成するといつものように
http://ドメイン/wp-content/...

FTPなどの設定を行っておらず、このままの場所では具合が悪いのでGCPに用意されているストレージを使用してみます。
その前にレコードセットを追加しておきます。

を購読