メインコンテンツに移動
  • Vani is Multipurpose Drupal theme

    Vani Theme is packed full of all the amazing features and options for you to create

    Get Started
  • Welcome To Drupar Design Studio

    We present you material design. We put our hearts and soul into making every project.

    Get Started
  • We Create Awesome Drupal Themes!

    Our themes are of high quality, flexible and beautifully crafted that stand out of crowd.

    Get Started
slider image

macOSのISOイメージを作成する

本日はmacOSをいつでもインストールできるようにISOファイルを作成します。
macOS Big SurのISOファイルを同じBig Surが稼働するPCで作成します。
Apple Storeでbigsurと検索すると現れるのでダウンロードします。


ダウンロード完了後はLaunchpadで確認することができます。インストールは中止します。

上昇を続けるNT倍率の中身を検証します

今年も残り1か月になりました。11月末時点でのデータをもとに検証します。3月のコロナショックの株価下落などありましたが私にとっては大規模な金融緩和による指数に与える影響のほうが印象的でした。

それでは検証をしていきます。
日経平均株価とTOPIXは基本的に同じ動きですが、日を追うごとに乖離が発生しています。
8月はじめを100として今日までにどれだけになったかを下図に示します。

Linuxでパーティションの操作をします。

Linuxでディスクの結合を行います。
VMwareで作成した仮想マシンでディスクの容量を拡張したあとで実際のOSにおいても操作する必要があります。次のメッセージが表示されこのままでは使用できません。

「ディスクは正常に拡張されました。ディスクを再分配して、ファイルシステムをゲスト オペレティングシステムの内から展開する必要があります。」

WindowsマシンでmacOSを起動する

本日はWindows端末において新規仮想マシンの作成をします。VMwareを使用してmacOSをインストールします。それを実現するには事前に準備が必要となりますのでそこから始めましょう。
ウェブ検索で「macOS unlocker」などと入力してGitHubのサイトを見つけます。
GitHubでVMwareにmacOSをインストール可能にするツールがあるので、それをダウンロードします。
最新版をダウンロードするとファイル名がunlocker.zipというファイル名でした。
これを解凍して、中にある「win-install.cmd」というファイルを管理者権限で実行します。
コマンドプロンプトの画面が表示されますがエラーが発生しました。内容は下記のようなものになります。

PermissionError: [Errno 13] Permission denied: 'C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Workstation\vmwarebase.dll'

LinuxでGoogleDriveを利用する

本日はLinuxでGoogleDriveを利用できるようにします。
Linuxの種類はUbuntuです。
windowsと違い同期ではなくマウントになります。Windowsでいうネットワークドライブの割り当てです。それゆえ自分のパソコンのハードディスクの容量を圧迫することはありません。
それでは作業を進めていきましょう。
端末で次のコマンドを順に入力していきます。

VMwareで起動している仮想マシンをクラウドに移行する

本日の目的はVMwareやVirtual BOX、またはHyper-Vなどで構築した仮想マシンをAzure、GCP、AWSなどに移行することです。今回はVMwareの仮想環境をOracle Cloudに移行します。

まずは自分のパソコンにある拡張子が.vmdkのファイルをOracle Cloudにあるオブジェクトストレージにアップロードします。容量は30GBを超えているのでそれなりの時間を要すると思います。

個別株の検証をします。

本日取り上げる銘柄は証券コード3765のガンホー・オンライン・エンターテイメントです。
理由は私がこの会社のゲームをプレイしているからです。他にも20タイトルほど解析してますがこれらに関してはまたの機会とします。

今、鬼滅の刃というアニメが人気ということは皆さんもご存じの事だと思います。
詳しい説明はしませんが映画も大人気です。
解析する銘柄、あるタイトルのゲームが現在、このアニメとコラボ中なので現状を見ていきます。
ゲームのタイトルは今でもユーザー数が多い「パズドラ」です。
まずは私のフレンドから見ていきましょう。リーダーとして使用しているキャラが鬼滅の刃の主人公である「竈門炭治郎」であり、半数近くを占めてます。

Oracle Cloudのインスタンスにコンソール接続します。

先日、Oracle CloudのインスタンスにSSH接続ができなくなりました。CentOSが起動してましたがなにかやらかしてしまい重要なSSH接続ができなくなったことでなにもできなくなりました。
そこで色々と調べてみてコンソール接続というものがあることがわかりました。
本日はこの接続方法を紹介いたします。Windowsでの方法となります。

コンソール接続はインスタンスの詳細にあります。


ここで「コンソール接続の作成」をクリックすると公開キーが必要になることがわかるので用意します。

ブラウザでSSL(Let’s Encrypt[レッツ・エンクリプト])を設定する

本日は無料で利用できるSSLサーバー証明書の設定をブラウザで行います。
以前は、Let's Encrypt(レッツ・エンクリプト)の公式らしきページからおこなっていたのですが消えてしまったようなので他のサイトを紹介いたします。
ウェブ検索で「SSLなう」でヒットします。URLは下記の通りとなります。
https://sslnow.ml/

それでは作業をおこなっていきましょう。
最初は自分のメールアドレスを入力し、規約に同意して登録ボタンをクリックします。
署名鍵が表示されます。

VMwareをLinux(Ubuntu)にインストールします

本日はVMwareをLinuxにインストールします。
理由はクラウドサービスにLinuxの仮想マシンを構築して、そこにVMwareをインストールしWindowsを起動するのが目的だからです。Windows10の新規インストールはいまのところAzureにしかなく、GCP、OCI、AWSでは特殊な方法でしかWindows10を構築できません。
以前、GCP、AWSにWindows10を構築する方法を記事にしましたので参照ください。

それではやっていきましょう。
まずはLinux版のVMwareを下記のサイトからダウンロードします。
https://www.vmware.com/jp.html
今回はWorkstation Proをダウンロードしますが、登録しないとダウンロードできませんので未登録のかたはこの機会にやっておくとよいと思います。

を購読