メインコンテンツに移動
  • Vani is Multipurpose Drupal theme

    Vani Theme is packed full of all the amazing features and options for you to create

    Get Started
  • Welcome To Drupar Design Studio

    We present you material design. We put our hearts and soul into making every project.

    Get Started
  • We Create Awesome Drupal Themes!

    Our themes are of high quality, flexible and beautifully crafted that stand out of crowd.

    Get Started
slider image

特別定額給付金の申請の仕方

みなさんこんにちは。
私のまちでも本日(令和2年5月19日)特別給付金の申請用紙が届きました。
今回は間違いのない申請の仕方を解説したいと思います。マイナポータルのオンライン申請も可能と書類には記載がありましたが通知カードのみの所有であること、またニュースでオンライン申請はトラブルが相次いでいると報じられていたので書類での申請をいたします。なお、他のまちの書類は見ていないので全く同じとは限らないと思います。

それではやってみましょう。
申請者本人確認書類を用意しておきます。
運転免許証のコピー、マイナンバーカードのコピー、健康保険証のコピー、年金手帳のコピーなどがあります。
振込先金融機関口座確認書類も用意します。
通帳(カタカナの名前、口座番号がかかれた部分)のコピーまたはキャッシュカードのコピーなどです。
これらをコピー機などでコピーします。スマホなどでスクショして印刷するのもいいでしょう。
これらの書類を申請用紙に適切に貼り付けます。

ZeroSSLを使用してブラウザからSSLを設定する

先日ZeroSSLで自分のブログにSSLの更新をしようとしたらサイトがリニューアルしていて使いやすくなっていたので紹介いたします。https://zerossl.com/にアクセスしてアカウントがないかたは無料で取得できるのでやっておきましょう。以前は登録の必要はありませんでしたが登録することでドメインの保護の有無を管理するのが容易になります。

それでは作業をします。まずはNew Certificateボタンをクリックします。保護したいドメインを入力してNext Step。

vhdファイルをQCOW2ファイルに変換する

IBM Cloudでカスタムイメージのインポート時にはqcow2形式でないとインポートができないとのことであった。ですのでVirtualBoxまたはHyper-Vで使用されているvhd形式をqcow2形式に変換します。QEMU-IMGというツールを使用します。web検索にてQEMU-IMGダウンロードと検索してcloudbase社からダウンロードしてきましょう。
今回はvhdをqcow2に変換しますがqed、raw、vdi、vmdkにも対応してます。

ダウンロードしたファイルを任意の場所に解凍します。

Alibaba Cloudのオブジェクトストレージに5GB以上のファイルをアップロードするには

5GB以上のファイルをアップロードする場合、APIまたはSDKの利用が必要となりブラウザではできませんでした。ということでossutilというツールを使用してアップロードしてみます。web検索にて容易に発見できます。ファイルをダウンロードして解凍するとossutil32.exe、ossutil.batがあることが確認できます。これは32bit版ですが64bit版もあります。

実際に動作確認します。
ossutil.batというバッチファイルをダブルクリックするとコマンドプロンプトが起動してファイルがあるパスにいる状態となります。
最初に下記のコマンドで設定をします。

VMwareで起動していた仮想環境をVirtualBoxに移行するには。

先日、クラウドでカスタムイメージの選択においてoracle VM VirtualBoxの形式ファイルが必要になったのでその過程を記載したいと思います。自分のパソコンではVMware Workstationでwindowsが作成されていたのでこれをVirtualBoxに移行することになります。playerでも同様なことができます。

それにはVMwareが存在するフォルダにあるOVFToolを使用します。C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Workstation\OVFToolにそのファイルはありovftool.exeです。このツールを使ってファイル形式を変換します。

Autonomous Databaseへsql developerで接続を確認する

先日はオラクルクラウドでAutonomous Databaseを作成しました。ただし、このままでは何もできないので接続できるように準備をします。いろいろなアプリケーションで接続が可能です。本日は同じオラクル製品のsql developerで接続を確認します。

それでは作業を進めます。まずはsql developerをダウンロードして実行可能なところまで行いましょう。web検索にてそのままsql developerと検索すると容易に見つけることができます。ダウンロードにはアカウントの作成が必要ですので、なければサインアップしてアカウントを有効にしておきます。

Oracle Cloudで自律型DBクラウドAutonomous Databaseを作成

みなさんこんにちは。
今日はオラクルクラウドで今後データベースを扱えるようにそれを作成したいと思います。私がデータベースを扱う理由は株価のデータの整理など大量なデータを扱うときに便利なものとなるからです。またエクセルやアクセス、他のアプリケーションなどからも接続が可能で最近ではほかのクラウドサービスとの連携もできるようになってます。

それでは作業をしていきましょう。
オラクルクラウドのダッシュボードからデータベースの作成項目を探します。左上のナビゲーションメニューからだと簡単に見つかると思います。
自律型データベースのAutonomous Data WarehouseとAutonomous Transaction Processingがあります。詳しい違いについては割愛しますが後者を構築する過程を紹介したいと思います。なんとデータベースの作成は2つまで無料なんです。

GCPでテキストを音声にするAPIを実行する

みなさんこんにちは。
先日は音声をテキストにするAPIを試しました。
本日はその逆の挙動を確認してみます。
Google CloudのText-to-Speechでそれは実現できます。

GCPのナビゲーションメニューからAPIとサービス→ライブラリと進みます。

検索窓にtextとかspeachと入力すると見つかります。
クリックして次に進みましょう。

IBM CloudのText to Speechを試します

先日はIBM CloudのSpeech to Textを確認しました。本日はその逆のText to Speechを確認します。リソースの追加にからカテゴリのAIにそれはあります。

Text to Speechの作成の画面ではリージョンを選択し料金プランはライトとしました。「 1 カ月あたり10,000文字分を無料で開始できます。」とのことです。サービス名は任意、リソースグループを選択し作成ボタンをクリックします。

IBM CloudのSpeech to Textを試します

先日はGCPのSpeech to Textを確認しました。本日はIBM Cloudのそれを確認します。リソースの追加にからカテゴリのAIにそれはあります。

Speech to Textの作成の画面ではリージョンを選択し料金プランはライトとしました。「無料で 1 カ月あたり500分で開始します。」とのことです。サービス名は任意、リソースグループを選択し作成ボタンをクリックします。

を購読