メインコンテンツに移動
  • Vani is Multipurpose Drupal theme

    Vani Theme is packed full of all the amazing features and options for you to create

    Get Started
  • Welcome To Drupar Design Studio

    We present you material design. We put our hearts and soul into making every project.

    Get Started
  • We Create Awesome Drupal Themes!

    Our themes are of high quality, flexible and beautifully crafted that stand out of crowd.

    Get Started
slider image

RS232C(シリアルポート)でテキスト送信、ファイル送信、監視

今のパソコンにはCOMポートが付いてないことが多いのですが、シリアル通信をしてみたいと思います。USBポートをRS232C変換するケーブルを使用することも可能ですが、本日は仮想シリアルポートを作成するソフトを利用して試します。
Virtual Serial Port Driver Proを使用しますが有料です。14日間のお試し期間があります。フリーのソフトのcom0comでも可能かと思います。
https://www.virtual-serial-port.org/

シリアル通信を試すのに実機には物理シリアルポートはありません。こんなときテストなどをする目的で役に立ちます。まずはこのソフトで仮想COMポートのペアを作成します。デバイスマネージャーではCOM1とCOM2の仮想ポートが作成されます。実機でいうとパソコン2台をシリアルケーブルで接続した状態です。

DOSのブラウザでインターネット

先日、IBMから発売されていたDOS用のブラウザであるWeb Boyでインターネットに接続しました。
https://minokamo.tokyo/2021/05/07/3664/
ただし、2000年以前の発売のため簡単なHPしか観覧できませんでした。
そこで、比較的新しいと思われるブラウザで試してみます。
Dilloをセットアップして試してみます。
https://www.dillo.org/

下記のURLからダウンロードすることができました。

DOSにFTPサーバーを設置します。

先日、Webboyをインストールしてネットができるか試しました。
https://minokamo.tokyo/2021/05/07/3664/
本日はパケットドライバを導入してネットワークに接続します。VirtualBox6.1で認識するパケットドライバは「pcntpk.com」というファイル名です。検索するとダウンロードすることができます。autoexec.batには次のように記述しました。

Drupal9をマイナーアップデートします

先日、Drupal9をインストールしました。
https://minokamo.tokyo/2021/05/01/3622/
少し時間が経過し、管理画面にDrupalのバージョンを更新できるという表示がされたので、アップデートします。


Drupal自体のアップデートはブラウザではできないので、ssh接続してcomposerを使用します。
Drupalをインストールしたディレクトリにcomposer関連のファイルがあるので、ここに移動してコマンド入力をします。

PC-DOS(MS-DOS)でCDを認識させます。

VirtualBoxにインストールしたPC-DOSでCDが使えるようにします。
これには2つのファイルが必要です。OAKCDROM.SYSとMSCDEX.EXEですが後者はPC-DOSにもありました。ウェブ検索するとダウンロードできますが、起動可能なWindows MEがあったのでそこから抽出します。この2つのファイルはそれぞれ下記のフォルダにあります。

windowsフォルダのcommandというフォルダの中に「MSCDEX.EXE」が、commandのさらに下の階層のEBDというフォルダに「OAKCDROM.SYS」があります。

OS/2 Warp 4.52をインストールし解像度、ネットワーク設定をします。

かつてIBMから発売されていたオペレーティングシステムのOS/2日本語版をインストールします。ウィキペディアによると英語版は4.5が1999年にリリースされ、4.52は2002年が最終レベルであるとの事です。

それではインストールしましょう。
VirtualBoxのバージョン6.1ではOSのタイプにOS/2の4.5が選択可能でした。ファイルサイズですが、OS/2の最小サイズのボリュームが130MBで、すべての機能をインストールするには550MB必要です。

VirtualBoxを使用してPC-DOS7をインストールします。

本日は、VirtualBoxを利用してPC-DOS7をインストールします。1990年代に、IBMから発売されたOSです。物理FDを使用してインストールすることも可能ですが、今回は手元のFDをイメージファイルにしておきました。
VirtualBoxで新規仮想マシンの作成から始めます。名前を任意で決め、メモリサイズを設定します。128MBにしました。仮想ハードディスクのサイズは既定値の500MBのままにして、ハードディスクのファイルタイプなどを決定しました。


その後、起動する前に設定ボタンをクリックして、詳細なスペックを決定します。重要なのはストレージの項目にあるFDが空の状態なので、イメージにしてある1枚目のFDを選択しておきます。

DOSでネットワークに接続してインターネット。

以前、VirtualBoxを使用して、MS-DOSをインストールしました。
https://minokamo.tokyo/2020/07/17/2602/

本日はこのDOSの環境でネットワークを設定し、インターネットをします。
VirtualBoxではネットワークのドライバに「amd pcnet fast 3」を使用しますが、AMDではもう配布していないようです。諦めずに検索していたら海外の個人のブログからダウンロードすることができました。
それでは設定をおこなっていきましょう。

(ubuntu)Nextcloud21をPHP8、NGINX環境にインストールします。

先日、Nextcloud20をインストールする記事を書きました。
https://minokamo.tokyo/2021/01/09/3210/
しかし、PHP8はサポート対象外で動作しませんでした。Nextcloud21がリリースされたのでインストールします。公式サイトで対象ファイルのリンクアドレスを取得します。

https://nextcloud.com/

RHEL8(CentOS8)にDrupal9をインストールします。

これまでRed Hat Enterprise LinuxにnginxやPHP8、mysql community serverをインストールして動作確認までおこなってきました。
本日は、この環境にdrupal9をインストールして動作確認します。
最初に、このCMS用にデータベースを作成します。ユーザーも作成し、データベースにすべての権限を付与します。

を購読