メインコンテンツに移動
  • Vani is Multipurpose Drupal theme

    Vani Theme is packed full of all the amazing features and options for you to create

    Get Started
  • Welcome To Drupar Design Studio

    We present you material design. We put our hearts and soul into making every project.

    Get Started
  • We Create Awesome Drupal Themes!

    Our themes are of high quality, flexible and beautifully crafted that stand out of crowd.

    Get Started
slider image

Drupal9でPHP APCU CACHINGが無効になっていたので有効にします。

先日導入したDrupal9でサイトの状態を見ると、PHP APCU キャッシングが無効になっているので有効にして、少しでも高速化を目指します。


それには、phpの拡張機能の追加が必要なので、linux(RHEL8)でこの機能をインストールします。インストール後はphp-fpmを再起動します。

DOSで音を鳴らす(音楽を再生します)

本日は、VirtualBoxにインストールしたpcdos7で音楽を再生したいと思います。
VirtualBoxのオーディオコントローラーがデフォルトでSoundBlaster16になっていたので、ドライバを追加する必要があります。

Web検索でDOS用のドライバをダウンロードすることができました。
ダウンロードしたファイルは、フロッピーディスクのイメージ形式になっており、VirtualBoxの仮想FDで認識することができます。中身をみると「install.exe」があるのでこれを実行します。エラーが発生しました。コンベンショナルメモリが不足しているようです。

ubuntuに公式リポジトリを使用してnginxをインストールします。

以前、RHEL8に公式リポジトリを使用してNGINXをインストールしました。
https://minokamo.tokyo/2021/03/18/3476/
本日はubuntu21.04に同様な作業をします。公式サイトの内容をコピペするだけです。
https://nginx.org/en/linux_packages.html

ubuntuにMySQL Community Editionをインストールします。

以前RHEL8にMySQL Community Editionをインストールしました。
https://minokamo.tokyo/2021/04/18/3596/
本日は、ubuntuにインストールします。公式リポジトリを使ってインストールします。
https://dev.mysql.com/downloads/
OSがubuntuなのでMySQL APT repositoryのリンクをクリックします。

実機の仮想シリアルポート(RS232C)が仮想マシン(VMware)ではどう映るのか確認してみた

先日、仮想シリアルポートのペアを作成してファイルの転送などが可能であるとわかりました。
https://minokamo.tokyo/2021/06/02/3737/
そこで、この実機の仮想シリアルポートが、仮想マシンではどのようになっているのか確認します。
仮想マシンはWindows Meが起動していて、デバイスマネージャーではCOM1として表示されています。

VMwareの仮想マシンのコンソール画面(Linux)で操作が困難なのでSSH接続しました

先日、VirtualBoxのコンソール画面の操作が困難で、ポートフォワーディング機能を使い、別のソフトからssh接続しました。
https://minokamo.tokyo/2021/04/07/3553/
今回は、VMwareでもTera TermによるSSH接続をします。使い慣れたソフトでも同様なので便利です。VMwareにはubuntu serverがインストールしてありデスクトップではないので、この接続方法は重宝してます。
ゲストOSのubuntuでファイヤーウォールが有効で、ポート番号22が開放してないと接続はできませんでした。インストール直後はファイヤーウォールソフトはインストールされているが起動してないと思います。クラウドサービスでubuntuのインスタンスを作成した時は、ファイヤーウォールにiptablesが導入されていましたが、このubuntuにはufwが導入されていました。状態を確認します。

RS232C(シリアルポート)でテキスト送信、ファイル送信、監視

今のパソコンにはCOMポートが付いてないことが多いのですが、シリアル通信をしてみたいと思います。USBポートをRS232C変換するケーブルを使用することも可能ですが、本日は仮想シリアルポートを作成するソフトを利用して試します。
Virtual Serial Port Driver Proを使用しますが有料です。14日間のお試し期間があります。フリーのソフトのcom0comでも可能かと思います。
https://www.virtual-serial-port.org/

シリアル通信を試すのに実機には物理シリアルポートはありません。こんなときテストなどをする目的で役に立ちます。まずはこのソフトで仮想COMポートのペアを作成します。デバイスマネージャーではCOM1とCOM2の仮想ポートが作成されます。実機でいうとパソコン2台をシリアルケーブルで接続した状態です。

DOSのブラウザでインターネット

先日、IBMから発売されていたDOS用のブラウザであるWeb Boyでインターネットに接続しました。
https://minokamo.tokyo/2021/05/07/3664/
ただし、2000年以前の発売のため簡単なHPしか観覧できませんでした。
そこで、比較的新しいと思われるブラウザで試してみます。
Dilloをセットアップして試してみます。
https://www.dillo.org/

下記のURLからダウンロードすることができました。

DOSにFTPサーバーを設置します。

先日、Webboyをインストールしてネットができるか試しました。
https://minokamo.tokyo/2021/05/07/3664/
本日はパケットドライバを導入してネットワークに接続します。VirtualBox6.1で認識するパケットドライバは「pcntpk.com」というファイル名です。検索するとダウンロードすることができます。autoexec.batには次のように記述しました。

を購読